宮城県大崎市の消しゴムはんこ工房です。実店舗はございませんが県内各地のイベントに参加中!
通常より少し硬く作られた「はんこ用消しゴム」を用いて制作するのが消しゴムはんこです。
当工房では様々な用途に応じた消しゴムはんこを制作・販売しております。
あなたらしさが光るオリジナルのはんこを手にしてみませんか?
また、はんこを利用した紙雑貨やイラストの制作・販売、制作体験ワークショップなどを行っております。

真っ白になるまで…

真っ白になるまで…
出来る時に一気にやれるだけやらないと…というわけで、今日もオルタードボックス用にペーパーカット。
ペーパーによって、
「『これは外側に使いたいな…』という部分を先にカットして、様子を見て中箱の切り出し」
という場合と
「基本的に内箱にして、余ったら外側用にカットしよう」
という場合があります。

傾向として、日本のペーパーは地紋的なおとなしい柄の繰り返しパターンが多い気がします。
個人的には内箱に使いたくなる系な。
私が使っている型紙だと、内箱の方が外側より複雑な形で、しかも大きいので、先に切り出した方は無駄が若干少ない気がします。

輸入ペーパーは、繰り返し模様もあるけれど全体的に派手、というか…押しが強い感じがしますw
両面ものの場合、どっちも使いたいな!と思わせるものが多い気がします。

さて、型紙は少し余分にコピーをかけて、マスキングテープで切り取る部分の裏に貼り、
カーボンペーパーで転写したものをカットしています。

↑…100円ショップものだからですが…真っ黒のカーボンペーパーのカーボン部分がすっかり真っ白に…
まだ大丈夫、まだ大丈夫…と使ってましたが、気づいたらこんな事に(´・Д・)」
…この後変えましたけどw


もちろん、型紙のコピーの方もただでは済まないのです(;´∀`)
ステンシルなどをやる時に使う「スタイラス」という鉄筆を使っているので…(;´∀`)

↑こんなの。昔はインクが切れたボールペンを使ったりしたな〜(笑)

TEL 080-3192-5719
営業時間 10:00~20:00
定休日 不定休
参加イベント紹介日々の動向ぷらぺた!
Q&Aお問い合わせ